行動の悩み

口ぐせが「明日でいいや」になっている人は、かげろうに「残念な人」と思われるかも?時間の流れを心で感じてみよう

僕は時間にルーズだなあ。

やろうと思っても、まだ提出するの先だから明日やればいいやって思ってて結局間に合わないし。

特に何もせず、気づいたら夜になってて時間無駄にしてるし・・

時間を無駄にした男

 

夏休みの宿題みたいに、まだ先でいいやと思っていて気づいたら「明日学校!!💦」ってなってはいませんか?

夏休みの宿題が終わらない小学生男子

多分そういう人の口癖は「明日でいいや」とか「明日やるから」になっていませんか?

時間は貴重なものです。

 

今日やれることは今日やってしまって、一日を大切に使いましょう。

今回はそんな人のために「時間」に対する気持ちを変える本を紹介します。

 

「明日でいいや」と時間を無駄にしていると思ったら読む本

  • 赤毛のアン
  • モモ
  • さいこうのいちにち
  • トム・そーやの冒険
「明日でいいや」と時間を無駄にしているが気持ちを変えるには

  • 一日一日を積み重ねる
  • 時間の流れを心で感じる
  • 明日は無いものだと思う

一日一日を積み重ねる

赤毛のアン

赤毛のアン (文春文庫)

赤毛のアン (文春文庫)

L.M. モンゴメリ
858円(11/14 10:47時点)
発売日: 2019/07/10
Amazonの情報を掲載しています

『赤毛のアン』

アン・シャーリーは大きな眼にソバカスだらけの顔、おしゃべりと想像することが大好きな赤毛の女の子。

手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹のマシューとマリラに引き取られ、初めは戸惑っていた2人も次第にアンを愛するようになり、アンは美しい自然のの中で明るく成長していきます。

アンはクイーン学校へ進学することになりましたが、受験はまだ先です。

 

受験勉強に入れば忙しくなるのでそれまでは毎日を楽しく過ごそうと、アンは一日一日を大切にしてきました。

 

そんなアンの一日はまるで「金色に光るビーズ」のように輝いていました。

一連の日課と勉強は愉しく、冬の日々は過ぎていった。アンにとって、一日一日は、一年と いう首飾りにつないだ金のビーズが糸をすべるように、いつしか過ぎていった。

金色の玉金色の玉

一連の日課と勉強は愉しく、冬の日々は過ぎていった。アンにとって、一日一日は、一年と いう首飾りにつないだ金のビーズが糸をすべるように、いつしか過ぎていった。

 

アンの一日は周りから見たら特徴のない平凡な一日かもしれませんが、アンにとっては一日一日が輝いているのです。

 

例え平凡でも一日を精一杯生きれば、それに幸せを感じることができます。

 

そして、精一杯生きた一日の「金色に光るビーズ」がたくさんあればきれいなネックレスになるのです。

ネックレス

 

一日をだらしくなく生きていては、「金色に光るビーズ」にはならず汚い石かなんかになるかもしれません。

石

汚い石なんかに変わる一日は嫌でしょう?

どうせなら有意義に過ごして、きれいな宝石に変わってほしいですよね。

時間の流れを心で感じる

モモ

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

ミヒャエル・エンデ
880円(11/14 04:41時点)
発売日: 2005/06/16
Amazonの情報を掲載しています

『モモ』

町はずれの円形劇場があった場所に、不思議な少女モモが迷い込みます。

町の人たちはモモに話を聞いてもらうだけで、悩みが解決して幸せな気持ちになるのでした。

ある日、町に「時間泥棒」が現れて、町の人たちの時間を奪っていきます。

モモは、奪われた時間を取り戻そうと時間泥棒たちと対決するのです

やりたくないことをやるときにはこの本を読んで2つのこと考えよう!やりたくないことをやるときって誰でも嫌だしめんどうだし続かないですよね。 そんな時にも本は考え方を変えるヒントをくれます! 本を読んでこの2つのことを考えると、やりたくないこともやれる気持ちに変わっていきます。...

 

「時間の国」にいるマイスター・ホラーはモモに時間について語りました。

 

時間は目に見えませんが、ものすごい速さで流れています。

そして流れている時間は目には見えませんが、心では感じることができるのというのです。

光を見るためには目があり、音を聞くためには耳があるのとおなじに、人間には時間を感じとるために心というものがある。そして、もしその心が時間を感じとらないようなときには、その時間はないもおなじだ。

 

「明日があるさ」と今の時間を大切にしないのは、心が時間を感じ取っていない証拠です。

 

心で感じていないので、時間は流れっぱなしになってしまい、気がついたら何もしないまま夜になっているかもしれません。

 

その間の時間は無いも同じです。

そして二度と帰ってはきません。

時間の浪費

常に時間は流れています。

一秒も無駄にはできません。

今流れている時間を無駄にすることなく、心で感じて有意義な使い方をしてみませんか?

明日はないかもしれない

さいこうのいちにち

さいこうのいちにち (児童図書館・絵本の部屋)

さいこうのいちにち (児童図書館・絵本の部屋)

ジーン ウィリス
1,430円(11/14 18:23時点)
発売日: 2008/04/01
Amazonの情報を掲載しています

『さいこうのいちにち』

カゲロウは地上に出てきて一日しか生きられません。

朝地上に出てきて夜卵を産んで死んでしまいます。

でもちっとも悲しくはありません。

なぜなら今日はかげろうのためにあり、最高の一日だからです。

かげろうは子どものときは水の中で過ごして、大人になると一日だけ地上に出てきて卵を産んで死んでしまう小さな昆虫です。

 

【かげろうについてのWikiはこちら】

 

これはそんなかげろうの生まれてから死ぬまでの一日についてきれいな絵で描かれた絵本です。

 

ところで、あなただったら今日一日しか生きられないって分かっていたら悲しいですか?

そりゃ夜死んじゃうのは悲しいですよね。

 

でも、かげろうは悲しくありません。

どうせ一日しか生きられないと分かっているから、「今」を感じて精一杯生きているからです。

古びてつかれきった日ではなく、

さいじょう、さいこうの日。

かけがえのないしゅんかんを、せいいっぱい。

かげろうはとにかく「今」を最高に味わって楽しんでいます。

  • 体いっぱいに浴びる太陽の光
  • たくさんのつぼみが花に変わる瞬間
  • 動物や子どもたちの遊んでいる姿
  • 心地よいそよ風を

 

明日死んでしまうと思うとなんか暗くなってしまいますが、「今日」のあなたは確実に明日にはいません。

今日感じたことと全く同じことは明日には感じることはできないんです。

 

明日があるからいいやと思わずに、「今」あなたの瞬間を精一杯味わってみませんか?

トム・ソーヤの冒険

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

トム・ソーヤーの冒険 (新潮文庫)

マーク トウェイン
693円(11/14 03:24時点)
発売日: 2012/06/27
Amazonの情報を掲載しています

『トム・ソーヤの冒険』

ワンパク少年、トムは悪友のハックと殺人現場を目撃してしまいます。

そして、トムたちは犯人がお金を運びだすのを見てしまい、それを追って洞窟に閉じ込められてしまいます。

なんとか脱出したトムたちはついに宝を見つけ、町の有名人になりますが、トムのいたずらは相変わらずでした。

グループなのに自分だけ真面目にやっていて、周りは全然やってない。そんな時どうしますか? グループ活動でみんな真面目にやってないのに、自分だけ真面目にやってるのってなんか損している気になっちゃいますよね...

トムはガールフレンドのベッキーと出かけることになりました。

ベッキーのお母さんには友達のジョー・ハーパーの家に出かけると言ってあったのですが、お金持ちのダグラス未亡人の家に行けば大好きなアイスクリームがもらえます。

 

実は同じ日の夜に悪友のハックから宝探しの誘いがあるかもしれないのですが、昨日もなかったし今日もないだろうとトムはアイスクリームを選ぶことにしました。

今夜の確実な楽しみのほうが不確実な宝探しより優先だ

 

宝探しはあるかないか分かりませんが、アイスクリームは行けば確実にもらえます。

トムは確実な方をとりました。

 

 

今、あなたが生きていることは確実です。

でも、明日地球が無くならないとは誰にも分かりません。

 

それくらい明日はもしかしたら来ないかもしれない不確実なモノ。

それだったら確実に存在している「今」を大切にして生きてみましょう。

 

どうでしたか?

口ぐせが「明日やろう」から「今やろう」に変わりましたか?

「今」を精一杯頑張って楽しく過ごしてくださいね♪

今日のおさらい♪

時間は常に流れている。二度と戻ってはこない

今日と全く同じことを明日はできない

「明日でいいや」と時間を無駄にしているが気持ちを変えるには

  • 一日一日を積み重ねる
  • 時間の流れを心で感じる
  • 明日は無いものだと思う
「明日でいいや」と時間を無駄にしていると思ったら読む本

  • 赤毛のアン
  • モモ
  • さいこうのいちにち
  • トム・そーやの冒険

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。